記事一覧

祇園に新名所フランフランが新業態1号店を公開

アップロードファイル 12-1.jpgアップロードファイル 12-2.jpgアップロードファイル 12-3.jpgアップロードファイル 12-4.jpg

フランフランは、京都・祇園に23日オープンする新ブランド「マスターレシピ(MASTER RECIPE)」1号店の内部を一足早く関係者に公開した。

祇園の中でも観光スポットとして人気のある花見小路から路地を入った角地に立地。店舗面積は112平方メートルで、1階には器と食卓回りの道具、アクセサリーなど、2階にはフレグランスや盆栽、インテリアファブリック、オブジェなどが並ぶ。

店舗デザイナーは、同社とゆかりの深いグラマラスの森田恭通氏。祇園の街並みに合わせたお茶屋風の外観デザインに、土間や畳の床など和と洋を融合したミニマムでドラマティックな内装が印象的だ。店舗中央の吹き抜け空間には、彫刻家アレクサンダー・カルダーの作品のような扇子を使ったモビールを飾り、「楽しさを感じさせる、軽やかで華やかな雰囲気を作り出した」(森田氏)。宙に浮いているように見える木製什器や、壁面の曲線使いなどにも和と洋の融合を表現している。

「マスターレシピ」はインテリアショップ「フランフラン」の新ラインとして2017年9月にスタートした。約1年間のテスト販売を経てコンセプトを確立し、1号店オープンを機に新ブランドとして本格的に立ち上げる。コンセプトは“ワールド・コンテンポラリー・クラフト”。素材、人、技法、歴史、産地に裏付けられたストーリーのあるプロダクトを日本国内26地域と世界20カ国からセレクトし、現代の暮らしに調和させる。ボスニアの伝統的な木彫技術を継承し、ユネスコ無形文化遺産に登録されているボスニアの木工所「ZANAT」の作品や、静岡の伝統工芸である丸ヒゴを使った駿河竹千筋細工など、日常使いのものからアートやオブジェまでそろえる。

ブランドとして立ち上げた理由について、商品開発本部新規事業開発部の田中一嘉・部長は「世界各地には数多くの伝統工芸が存在しているが、時代的に廃れてしまっているものも少なくない。テスト販売を経てその現状を目の当たりにした。受け継がれてきた技術を使って時代に合わせたものを世の中に送り出していくのがわれわれの使命だと思い始めた」と話す。京都に1号店をオープンしたのは、伝統を守りながらグローバルに発展してきた土地柄であり、同ブランドの思いと合致したからという。

立ち上がり時の取扱商品数は約550SKU(最小在庫管理単位)。そのうちセレクト商品が約6割、別注オリジナル商品が約4割を占める。1号店の開店と同時に、独立したウェブサイトを立ち上げ、一部商品のオンライン販売も開始する。店内の商品説明に記載されたQRコードを読み取り、ブランドサイトからショッピングできる機能も備える。

今後の計画は未定だが、田中部長は「ECとのバランスを見ながら都市部に数店舗広げていくことも視野に入れている」と話す。

「フェンディ」2019年リゾートコレクション レポート

「フェンディ(FENDI)」2015年リゾートは、カラーコントラストと過去のコレクションの要素をアップデートしたスタイルを揃えた。2014-15年秋冬でファーに装飾した蘭のモチーフは、シルクパンツや綿のトップス、パッチワークのレザーバイカージャケット、マキシドレスに施されている。1988年に登場した落書き風のプリントは、シルクのメッシュトップスやジョギングパンツにあしらわれた。オレンジのキュロットに合わせた白いポリウレタンのポルカドットのトップスは、鮮やかなグラフィックのポップアートにヒントを得た。
 アイコンバッグの「バゲット」は、新たなに調節可能なストラップを付けたほか、ブランドのシグニチャーである「FF」をかたどったハイテクな留め金を使用した大ぶりのサイズが登場。ベビーブルーの「ピーカブー」バッグには、カラフルなメタリックディテールを施した。「バイ・ザ・ウェイ」バッグでは、黒いクロコダイルの尻尾ディテールで遊び心たっぷりに仕上げた。

オメガの新海馬はさっぱりしていない

新オメガ海馬シリーズ300メートル ダイビング表は、最近最も人気 ある時計で、人気は爆発的で、多く プレイヤーが購入したり、買ったりしている。こ 新しいオメガ海馬シリーズ300メートル 潜水表がこんなに火をつける は無理だ。オメガは国内で最も有名な名表 1つで、2来 新金 海馬300メートル 潜水表が価格に配置され、非常に業界 良心、性価格は無敵です。こんな面白い時計は遊びにしなければなりません。だから、新しいオメガ海馬シリーズ300メートル ダイビング表が発売されたばかりで、私もあちこちで友達を探しています。新しい時計が出回っているが,オオカミは多少なめで,やっと手に入れた
以前私もこ 表を書いていました(前に書いた は『公価3万5スタート、オメガ 一番 時計』)と書いてありましたが、そ 時に表はまだ届いていません で、新しいオメガ・海馬シリーズ300メートル 潜水表を書いた技術構成、新金 違いと優勢を書きました。今は新馬が上手な で、実際に感じてみたいと思います。
新オメガ海馬シリーズ300メートル ダイビング表 サイズは42ミリ、42ミリ サイズで、前代 海馬300メートル 潜水表に比べて少しずつ(前は41です)が増えていましたが、私が時計に慣れていたかもしれませんが、時計 中からこ 時計を取り出してくれた は、こ 時計 大きさです。現在 トレンドによると38ミリから42ミリ 時計は市場 主流で、38~42までは適中サイズである。手首が細くて、上手になりました。オメガ 新金 海馬 300メートル 潜水表は私にとても精巧な感じを与えます。なぜなら、私はやはり耳 上にいると思います。新オメガ海馬シリーズ300メートル ダイビング表 時計耳は細長い で、潜水表 ようなも ではなく、耳が広い で、豪快に見えます。新しいオメガ海馬シリーズ300メートル ダイビング表 大きさはやはり東方 人に適しています。
オメガは、時計 殻やディスク 上に高いレベルを持っています。皆さんが見つかりませんでしたが、オメガ 時計はいつもきらきらと光っています。いくつか 腕時計は、画像 上では質感があるが、実物を持つと、比較的暗くて、画像に及ばない。オメガ 時計は、実物はとてもきれいで、原因は、表殻、表輪、盤面 処理にある。
私たちはまず表 殻を見て、オメガ海馬シリーズ 表殻処理はすべて比較的に複雑で、たとえば新しいオメガ 海馬 シリーズ300メートル 潜水表 表面 ラッピングと放光交替、殻 側面 側面 ラッピング、ヘリウム弁 放光、耳 外側に表冠 保護肩 放光、耳 内側で糸を引いて、こ ようにして明暗効果を形成しました。一つ 特色また、表輪を見ると、オメガ海馬シリーズ300メートル ダイビング表 時計 形は実に複雑で、外側にはダイヤモンドカット 様子があり、カット 面が多く、表輪はみな糸を引くが、面が多く、また明暗効果がある。新オメガ海馬シリーズ300メートルダイビング表 表輪は皆よく知っていて、陶磁器にエナメル、陶磁器、エナメル 特徴は明るく、色あせない。また、オメガは新金表にも、陶磁器 表盤、メッキ 針を使用した場合、皿面 水波紋を加え、同じく明暗交代である。こ ようにすると、表殻、表輪、表盤、各種 明暗が交錯して、光が入ってくると、時計はとてもキラキラして、質感がいい。
新しいオメガ海馬シリーズ300メートル ダイビング表 ケース、表輪処理 手法は非常に高く、ワイヤ、放光組み合わせ、表輪カット面が多い。
時計があって、どうして写真がよくて、実物はだめだ。原因は、表殻や盤面処理 方法が比較的簡単で、それから一般的な塗り面 表板を使っていると、薄暗いように見えやすくなり、質感が欠けてしまうことがあります。
新オメガ海馬シリーズ300メートルダイビング表が初めてテープを持っていましたが、私も新鮮だと思います で、テープを買いました。今では市販 テープは2種類があり、1種はゴム帯で、一つはゴム 外に航海帆など 繊維が付いています。オメガ こ 時計は純粋なテープを使っていて、硬軟で適切で、上 穴 数も十分で、手首 細穴も十分です。2種類 テープは、それぞれ利害があり、純ゴム帯は私がもっと優れていると感じています。航海帆 付いたテープは、質感を持っている ですが、冬になると、温度が低くなって、そ 上に付いた航海帆など 繊維を持っていると、硬くなって、特に穴が折れて、繊維が切れてしまいます。黒 ゴム帯はもっと丈夫です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ