記事一覧

シャツをタックアウトして気張らない印象に仕上げたネイビーパンツコーデ

アップロードファイル 13-1.jpg

タックアウトしたバンドカラーの白シャツにネイビーパンツ、白スニーカーを合わせたラフな着こなし。白スニーカーはアディダスのスタンスミスで、ネイビーパンツと色を合わせるようにニューネイビーのモデルをチョイス。シュータンのロゴとヒールがネイビーパンツとリンクして着こなしを洗練させている。

コロニアルカラーのテーラードジャケットにネイビーパンツを合わせたジャケパンスタイル。洗い加工によって表現された味のある風合いのジャケットがこなれた雰囲気を漂わせる。足元にはネイビーパンツとのグラデーションを作るようにブルースニーカーをセット。ヨットの帆に使用されるヨットセールクロスを用いたボイルブランシェのスニーカーが爽やかなマリンテイストをプラスしている。

アンクル丈のネイビーパンツで足元に抜け感を演出したコーディネート
アンクル丈のネイビーパンツで足元に抜け感を出したスタイリング。短く設定された丈感で肌を見せることで涼しげな雰囲気を演出することができるが、シューズを素足履きすればさらに抜け感が加速する。パンツとシューズの間にソックスを挟まないため、すっきりとした印象に。

バンドカラーのデニムシャツにネイビーパンツを合わせたネイビーコーデ。足元にはチェッカー柄のスリッポンをセットしポップなテイストをプラスしている。シューズの存在感を際立たせたい場合、パンツをロールアップするのが有力だが、そのなかでもピンロールは裾を絞り込むようにアップするため、特にシューズを引き立ててくれる優れワザだ。パンツのシルエットもきれいに見えるため、ぜひ習得しておきたいところ。

注目アイテムのブレザーにネイビーパンツを合わせたコーディネート
トラッドなスタイルを象徴するアイテムの一つであるブレザーが今シーズン注目を集めている。そんなネイビーのブレザーにネイビーパンツを合わせたジャケパンスタイルをピックアップ。同色のアイテム同士でもわずかにトーンの差をつけることで、メリハリのある印象に。足元にはカラフルな差し色が入ったスニーカーをチョイスすることでダークトーンメインの着こなしにアクセントをプラス。

スキニーシルエットのブームに代わり、存在感を高めてきているのがワイドシルエットのパンツだ。ワイドパンツならではのAラインシルエットやテーパードをきかせて腰回りのみにボリュームを持たせたボンタンシルエットが一部ファッショニスタの間で人気を集めている。ジャケパンスタイルに取り入れれば、新鮮なシルエットを表現できる。ノークッション丈に仕上げて足元を軽やかに見せるのが洗練スタイルへの鍵だ。

キャメルのチェスターコートと腰ゆるシルエットのネイビーパンツを合わせ、上品でマイルドな雰囲気に仕上げたコーディネート。艶感のある黒レザーストラップシューズのエレガントな雰囲気を際立たせるなら裾幅が細いテーパードシルエットのネイビーパンツをコーディネートすれば、野暮ったい印象になってしまう心配もない。

絶妙な色使いとシルエットでスタイリッシュに仕上げたドメニコ・ジャンフラーテ氏の着こなし。相性の良いグレーとネイビーのコンビネーションに、インナーで黒のアクセントを効かせてイメージをリフレッシュ。ブラックの取り入れはワンポイントでも着こなしがイマっぽく仕上がるため、今季積極的にチャレンジしていきたい。

全体の色数を2色に絞って完成度を高めたネイビーパンツコーデ
ネイビーのブルゾンにネイビーパンツを合わせたネイビーコーデにベージュのトレンチコートをオン。ライトトーンのベージュとダークネイビーの組み合わせで生まれるコントラストがメリハリのあるスタイルを演出している。足元はトレンチコートと合わせてベージュのスニーカーをセット。ベージュとネイビーの2色に色数を絞ることによって、着こなしの完成度を高めたテクニックにも注目だ。

ドレスとやんちゃをミックスし絶妙なバランスにまとめたネイビーパンツのコーディネート
黒のフーテッドコートにタイドアップした白シャツをインサートしたデニムジャケット、クロップド丈のネイビーパンツと素足履きした黒レザーのストレートチップを合わせたスタイルMIXのコーディネート。ドレスとカジュアルを絶妙なバランスでマッシュアップし、個性的なスタイルに仕上げている。

リーファーコートのディテールカラーをマスタードのクルーネックニットとリンクさせ、ベースのネイビーをパンツにシンクロさせたコーディネート。主張の強いネイビーとマスタードのコントラストに、レイヤードした白Tシャツのチラ見せがこなれた印象に。絶妙な丈感のネイビーパンツとシューズの間からネイビーストライプのソックスを覗かせ、スタイリッシュな足元でいまどき感覚にチューニングしている。

クラシック回帰によってプリーツ入りのパンツが昨シーズンに引き続き人気を集めている。こちらのスタイリングで取り入れているネイビーパンツのような2プリーツのアイテムであれば、クルーネックニットと組み合わせたシンプルな装いもエレガントな印象に。足元にはタッセルローファーを合わせて華やかさを底上げ。

MA-1とネイビーパンツをコーデしてやんちゃテイストを引き締める
ボア襟付きのカーキMA-1に黒のクルーネックニット、細身のネイビーパンツと黒レザースニーカーを合わせたコーディネート。コーデ的にも着こなし的にもいまどき感覚にフックしていない上半身を、すっきりとした足元で軌道修正したスタイリングだ。

ネイビーのタートルネックニットとネイビーパンツの組み合わせでトーンオントーンを表現したスタイリング。ニットとレイヤードしたインナーと、ハイカットスニーカーでホワイトを差し込むことでメリハリのある表情を生み出している。裾がリブ仕様になったカーゴパンツがスポーツテイストとラギッドテイストを同時にプラス。

DIESEL 欲張り女子に応える新作バッグコレクション

アップロードファイル 10-1.jpgアップロードファイル 10-2.jpgアップロードファイル 10-3.jpgアップロードファイル 10-4.jpg

ハイセンスなデザインでファッショニスタから熱い支持を集めるDIESEL(ディーゼル)の15’PRE-FALL BAG COLLECTIONをキャッチ!

コーディネイトに彩りを添えるヴィヴィッドカラーのレザーバッグや、今季のトレンドと機能性を併せ持ったデニムバッグなど、才色兼備なバッグがそろった今回のコレクション。持つだけでスタイリングを今年らしくブラッシュアップしてくれる。

デニムバッグは、ディーゼルらしいメタルパーツがデニムに映える『GOLDEN OUTSIDERS』と、デニムとレザーを融合させた『INDUSTRIAL』の2種類がお目見え。それぞれバックパックやショルダーバッグなどタイプが選べるので、シーンによって使い分けるのもアリ。

デイリーファッションを盛り上げること間違いなしの、itバッグコレクションをチェックして!

「フェラガモ」がアイコンをモノグラムに仕上げた“ガンチーニ コレクション”をスタート 表参道で期間限定ポップアップも

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpgアップロードファイル 8-3.jpgアップロードファイル 8-4.jpg

「サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)」は、定番アイコンの一つとして親しまれてきたアイコン“ガンチーニ(GANCINI)”モチーフを新たに “ガンチーニ コレクション(GANCINI COLLECTION)”として展開する。ポール・アンドリュー(Paul Andrew)=クリエイティブ・ディレクターがブランドのアイコン“ガンチーニ”をモノグラムに仕上げた同コレクションは2019年プレ・スプリングで初登場し、今後も継続的に採用する。

 メンズとウィメンズのバッグやシューズを中心にウォレットやキャップ、ストール、ベルトといったアクセサリーも展開する。価格はウィメンズのブーツが13万円、パンプスが9万2000円、フラップショルダーバッグが24万円、メンズのウォレットが4万9000円、スニーカーが8万3000円、バックパックが21万円など。

 同コレクションのデビューを記念して表参道でポップアップストアをオープンする。期間は1月16~20日。コレクションを販売する他、“ガンチーニ”をテーマにしたネイルステーションや、ヴァーチャルランウエイのフォトブースなどを設ける。

■GANCINI COLLECTION POP-UP STORE
場所:THE FLAT
住所:東京都渋谷区神宮前5-16-13

プレゼントに誕生日はこれで決まり

アップロードファイル 5-1.jpgアップロードファイル 5-2.jpgアップロードファイル 5-3.jpgアップロードファイル 5-4.jpgアップロードファイル 5-5.jpg

誕生日プレゼントにヘッドホンはいかがでしょう。イヤホンで音楽を聴く方は多いですが、ヘッドホンならさらなる高音質も期待できます。大事な人には、よりよい音で音楽を聴いてほしいですよね。また、イヤホンよりも大きく存在感のあるヘッドホンは、デザイン、カラーなどのおしゃれ面に凝ったものも少なくありません。

コンパクトな密閉型なら、外でもイヤホン代わりに使ってもらえます。それでは、プレゼント向けのヘッドホンの選び方とおすすめ機種をご覧ください!
ヘッドホンには、周囲との密閉性の違いによる「密閉型」と「開放型」の構造的区別があります。密閉型は外音遮音性が高く、音漏れも少ないのがメリット。音質的には低音が強く、細かい音が聴こえやすいんです。ただし、こもりや閉塞感を感じる場合があります。

開放型は遮音性が低く、音漏れは盛大。一方、音は開放感に溢れ、自然なリアリティーの高さが魅力。室内専用なら好みで選べますが、外で使うなら開放型はNGです。
また、イヤーパッドの装着性による違いもあります。パッドが耳たぶを覆うのがオーバーイヤー型。耳の個人差に左右されにくく、音質的にも優れています。ただ、本体が大きくなるので室内用が中心です。パッドを耳に載せるのがオンイヤー型。本体を小型化できるので、携帯可能なヘッドホンで採用されます。長時間使用で疲れやすく、音質的にもやや劣りますが、外での使用に向いています。
ヘッドホンは音源機器とのステレオミニプラグ有線接続による使用が基本。最近はBluetoothワイヤレス接続にも対応するヘッドホンが急激に増えています。iPhone 7では直結できる有線端子が廃止されたため、この流れはさらに加速するでしょう。スマホとの連携では、ハンズフリー通話を可能にするリモコンマイクの装備もポイント。

また、騒音のある場所でも快適に聴けるノイズキャンセリング機能も注目です。ただ、こうした多機能機は、その分価格の上昇が避けられません。また、本体も重くなります。
アイボリーとブラウンを基調とした独特なカラーリングの開放型ヘッドホン。ベロア素材や木目調の素材を使ったナチュラル感も魅力。独特の見た目から「プリン」の愛称で呼ばれます。

最大の特徴は見た目、ではなく、音質です。あらゆるジャンルの音楽を高度なレベルで聴きやすく提示する能力は、全てのヘッドホン中でも最高クラス。そのため、大変に評価の高い人気機種です。家での使用を中心に、幅広い音楽を聴く方にプレゼントするのにおすすめ。
高音質な密閉型ヘッドホンと言えばこれ、という定番機。液晶ポリマーフィルム振動板の表面に薄膜のアルミニウムをコーティングすることで、ハイレゾ対応を大きく超える100kHz再生を実現しているスペックが魅力です。立体縫製イヤーパッドによる快適な装着感と素材の品位感もポイント。

ワイドレンジで緻密なハイファイサウンドは、高音質にこだわる方も唸らせます。最新高性能機が好きな方へのプレゼントにもおすすめです。
定評のある開放型ヘッドホンK701をベースに、ケーブル着脱機能と印象的なカラーリングを施してあります。二層構造の振動板を使用した二層ダイヤフラムによる、繊細で低歪みでリアルなサウンドが特徴です。再生機器のよさを反映する能力も高い特質を備えています。本革製ヘッドバンドも魅力。オーディオに凝っている方へのプレゼントとしてもおすすめです。
ナチュラル感溢れる木の外装が特徴の密閉型ヘッドホンです。イヤーカップには、楽器によく使用されるナチュナル・アメリカン・ウォールナットを採用。見た目だけでなく、響きの美しさを実現しています。40mmフリーエッジ・カーボン/ペーパーコンポジット振動板によるハイレゾ対応40kHzの広帯域再生もポイント。

持ち運びに便利な折りたたみにも対応します。iOS機対応のリモコン/マイク付きケーブルも便利です。外で楽しめる高音質ヘッドホンのプレゼントとして、真っ先におすすめします。
多機能と高音質の両立が特徴の密閉型ヘッドホンです。Bluetoothワイヤレスとノイズキャンセリング機能を両方装備。さらに、40kHzの超高域再生を実現するハイレゾ対応の高性能です。これら3つの機能と性能を全て備える現在世界唯一のヘッドホン。存在自体に価値があります。高音質な通話が可能な「HD Voice」に対応したハンズフリー機能もあるのも便利。

どんな用途にも対応できる高機能ヘッドホンとしてプレゼントにおすすめです。
高性能なノイズキャンセリング機能が特徴のBluetoothワイヤレス対応密閉型ヘッドホン。イヤーカップの内外にマイクを配置し、独自の電子回路によって、周囲のノイズを絶えず計測してくれます。騒音を打ち消す信号がイヤーカップのスピーカーから発生します。高度なノウハウにより、他社と比較して騒音低減効果の高さから人気の機種です。

ヘッドバンドに高級車にも使われる柔らかい素材のAlcantaraを採用。上質感がありますよ。定番ブランドのネームバリューも、プレゼントにおすすめできるポイント。
iPhone 7はじめ、iOS機との親和性の高さが特徴の最新Bluetoothワイヤレス対応ヘッドホンです。アップル社の最新チップ、W1を採用。バッテリー駆動時間を従来から大幅アップの40時間。iOS機とのワイヤレス接続も近づけるだけ。アップルの傘下のビーツだからこそできる装備です。

スタイリッシュなデザインのビーツならではの外観はしっかり継承しています。iOSユーザーの方へのプレゼントにおすすめです。
多機能とファッションアイテム性を高レベルで両立した密閉型ヘッドホンです。Bluetoothワイヤレスとノイズキャンセリング機能を両方装備しています。デザイナーのフィリップ・スタルク氏が手掛けた大胆でおしゃれな外観が最大の特徴。ヘッドホンというより耳に付ける装飾品のようです。

カラーの違いだけでなく、クロコダイル調、レザー調、ステッチ刺繍といった仕上げの多彩さもポイント。贈る相手を引き立たせる選択ができるヘッドホンとしておすすめします。
ビーツはどの機種も、クールでスタイリッシュなデザインと鮮やかなカラーリングが魅力。強力な重低音サウンドもあり、大変人気のブランドです。それだけにユーザーも多いので、贈る場合は差別化が難しい面もあります。

本機は、DJのデヴィッド・ゲッタがプロデュースしたヘッドホン。小型ボディの使いやすさに加えて、DJ向けのハードな使用に耐える頑丈な金属製の鋳造ヘッドバンドを採用。ビーツにしては異色のデザインがポイントです。ビーツのなかでも一味違うヘッドホンとしてプレゼントにおすすめ。
スカルキャンディはおしゃれなデザインで人気のブランドです。なかでも女性向けに特化した機種もあるのが他社とは違うポイント。本機も女性向けを意識した小型、軽量ボディと、ファッショナブルなデザインとカラーを備えます。見た目だけでなく、ピアスやイヤーカフをしていても痛くならない柔らかいイヤーパッドも見逃せません。専用のヘッドホンポーチもさすが。

デザインバリエーションが豊富なので、選ぶ側のセンスも問われます。うまく贈って「ノックアウト」しちゃいましょう。
自分好みにカスタマイズできるのが特徴のヘッドホンです。ヘッドバンドと着脱式ケーブル部が交換可能。豊富なカラーから選べますよ。本体のデザインもクールでカッコいいです。深みのある低音と、クリアでナチュナルな高音も侮れません。高耐久ヘッドバンドにより、ラフに扱っても壊れにくいのもポイント。使いこめるプレゼントとしておすすめです。
イヤーマフと一体化したヘッドホン。おしゃれアイテムと防寒グッズ、ヘッドホンと一台三役に大活躍です。ラグジュアリー感の高い、毛足の長いナチュラルファーを採用。耳元の暖かさを保証します。ヘッドホン部も高音質設計30mm径ドライバーを備えています。

冬に外でヘッドホンを掛ける無骨さからファッションアクセントに一変します。お子さんへのプレゼントにもおすすめ。
ヘッドホンはたくさんの種類があるだけに、使う方の用途、個性に合ったヘッドホンを選ぶことが十分にできそうですね。今やプレゼントにヘッドホンは、贈り手のセンスも問われるほど高度にファッション化しています。相手の心にも手元にも長く残るヘッドホンをプレゼントしてくださいね。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ